つぶやき・・・・99


自然界に存在しない物質

  そっとしとけば問題なかったが藪をつついて人間社会の表に露出させてしまった物質。アスベストなどはその類だろう。また人間は自然界に存在しない無数の合成化学物質を作ってしまう。 自然に存在しないという意味では遺伝子組み替作物もそうだ。

  さらにストロンチュームやプルトニウムは人類が作出した最強の猛毒。無毒化する方法がなく、末永く地球上に残存することになる。人間の活動がもたらすこうした環境の変化に対して、生物あるいは人間は生理的に対応能力が低く、いずれ人間が苦しむだろうと警告する学者もいる。

  「直ちに健康に影響しない」という政治判断。遠くを慮る(これが、遠慮)余裕もない我が国の政治。


2011. 10. 28

トップページへ戻る