つぶやき・・・・95


女房の尻の下に敷かれるわけ

  若い男性のなかには女性に気を遣いながら付き合うのが面倒と思うのが少なくない。また結婚した男性の多くは嫁の尻の下にある。見ちゃおれんと息子の親も嘆く。しかし、動物行動学によれば、この因果は至極当たり前と説明してくれる。

  女は随時男を受け入れることが可能である。発情・排卵時期は分からない。しかも妊娠中でも授乳中でも可能である。また女は乳児の有無にかかわらず、おっぱいを膨らませて育児能力を誇示する。

  よって、どうにか縁をなしても、目を離すと他の男の遺伝子が侵入する危険がある。

  我が遺伝子をこの世に残したいという男の欲望を逆手にとり、乳飲み子を抱える母親は圧倒的な力で夫をコントロールする。弱みをしっかり握られた男は女の呪縛から逃れることはできない。

  かように、男女を動物と考えれば、円満な家庭を創るヒントが転がり出てくる。


2011. 6. 10

トップページへ戻る