つぶやき・・・・90


日本の政党

  欧米の政党には歴史があり主義思想によって構成された集団と知る。一方、わが国の政党は、おおむね私利私欲のために集まったもの。二大政党と呼ぶ代物ではない。

  こうした政党の農業政策は分かりにくくなる。稲作では大規模化推進とともに小規模農家も残存するという筋の通らない政策が長い間続けられた。守るのは国民?農家?農業? いまも幾多の矛盾を抱えたまま農業票を意識した化粧直しに余念がない。

  稲作は日本の精神文化のルーツであること、さらに農業の多面的機能維持なども忘れてはならない。ここらに性根を据えて課題を解決しなければならない。

  だが、政府の手詰まり感だけが増幅していく。残念ながらこうした政党をわれわれ選挙民が支持してきたことは間違いない。


2011. 2. 24

トップページへ戻る