つぶやき・・・・8


富山の魚!

  富山県が自慢するもののひとつにキトキトのおいしい魚があげられます。当然のように富山湾が豊かな漁場であるからと思っていましたが、実に認識不足でした。

  富山湾では数キロメートル沖にでれば深海のため、漁場はせまい沿岸に限られてしまうのです。採れる魚の種類が多いことは確かですが、これはまた多様な漁法を必要とします。しかもそれぞれの漁法、漁具は一時的にしか使えないのです。漁業の条件、効率は決して良くないのです。

  こうしたなかから漁師、漁業者は工夫と努力で県民においしい魚を提供してきたとのこと。全国に先駆けて漁港に製氷工場を整備したこともそのひとつ。そして、富山県民はこれに応えるのです。”地のもの(富山の魚)”に誇りをもって金を払うのです。少々高くても文句は言いません。県外からの客にも自信をもって召し上がってもらうのです。

  こうした漁業と消費者の一体感、素晴らしいじゃありませんか。不二家・・・・・・・。


2007.1.22

トップページへ戻る