つぶやき・・・・30

アイヌ

カムイノミ・イナウ式 07.9.23


日本人の自然観


  旭川市郊外の景勝地、神居町神居古潭で開催された「こたんまつり」に立ち寄り、アイヌの神への祈りそして貴重な食料であった熊に感謝する儀式「カムイノミ・イナウ式」を見学した。アイヌ民族伝統のかぼちゃと木の実の焚き物やホウの実を丸ごと焼いて煎じた香り高いお茶などをごちそうになった。

  自分らの力が及ばないものはすべて神様として敬うのは、基本的にわれわれも同様であろう。四季折々の自然に、神々しさを感じるのもそのひとつ。収穫にあるいは食べ物に感謝することも同様。

  しかし、米、ご飯に対するような敬虔な気持ちが、肉、卵、牛乳に対してはあるだろうか。家畜に感謝する機会もない。

  畜産農家、畜産業者は毎年丁寧な畜魂祭を催す。


2007.9.29


トップページへ戻る