つぶやき・・・・24



生産者ニーズ

  消費者ニーズを流通業は敏感に捉えて商品を提供する。無農薬、無添加の食品などが売れる。しかしなによりも安価が前程となれば、なかには嘘、偽装が混入していく。正体不明の食品に囲まれた消費者は不安を抱きながら買い物をする。

  この不安がまた商売の種となる。ある民間会社では、食肉の種類を遺伝子分析で鑑別する事業が立ち上がり繁盛するらしい。BSE検査もそうだ。若い肉牛のBSE検査の意義は極めて薄いが安心のために実施されている。不安解消は実に高いものにつく。

  ところで、厳しい情勢のなかで頑張っている生産者からの情報、声が乏しい。流通や消費者の顔色を気にせず、いわば生産者ニーズを打ち出していい時期でないだろうか。それには受け止める消費者の勉強意欲が不可欠だ。空しいつぶやきかな・・・・・。


2007.7.13


トップページへ戻る