つぶやき・・・・197

   


味噌を付けた豆腐が美味しい

                                                                                                                             
                             当初、越中八尾のおわら風の盆は、人に見せるつもりはなく住民自身が静かに踊りを楽しむことに徹していた。
                             阿波踊りとはちょっと異なる。

                             観光客は駐車場がない、トイレがないと訴える。
                             越中八尾は、来て欲しいわけではない。見たけりゃ勝手にどうぞというスタンスであった。
                             そこが返って魅力を増す遠因となったのか。 .

                             青森の八戸へ外国人観光客が押し寄せるのも相通ずるように見える。
                             1時間に1本の電車しかない。外国語を勉強してお迎えすることもない。観光パンフレットは日本語だけ。だが、外国人が外国人を呼ぶ。
                             現地は、不便さが資源だという。苦労してたどり着き、自分の感覚を広げる楽しみがあろうというもの。

                             そこにしかない味、空気が維持され、あるがままこそ観光客の感覚を刺激する。
                             味噌を付けた豆腐が美味しく、また来ました!  


                                                                    

2018.8.21

トップページへ戻る