つぶやき・・・・191

   


金の支えだけでは農業は自立できない!

                                                                                                                             
                             「息をのむほど美しい田園風景、世界に誇るべき国柄、伝統、農村文化、私は日本の農業と食を守ります」
                             「強欲を原動力とする市場主義経済の道をとってはならない、
                             道義を重んじ、真の豊かさを知る瑞穂の国の資本主義を目指します」と、安倍総理はかつて述べた。

                             しかし、農業高校生が勉強すると、農業に自分の人生をかけることはできないと判断する。
                             そして後継者の平均年齢は67歳、三分の一が75歳以上となっている。
                             農業の自立には、補助金や技術支援などによる支えでは限界があることがわかる。

                             いま、不足しているのは、農業や食を大事にする教育と国民ではないだろうか。
                             家庭での「いただきます」を基盤にした食文化の醸成が必要だ。
                             さすれば国の支援も有効となり、誇りをもった後継者がうまれよう。  


                                                                        

2018.3.11

トップページへ戻る