つぶやき・・・・190

   


 人工知能ロボットを評価すれば

                                                                          
                            
                             あのころ、DNA二重らせん構造を突き止めた偉業に感激したもの。
                             この、DNAという物質は、複雑な遺伝情報を担い35億年前には存在した。
                             そして今日、生体の高度な仕組みが解明されるにつけ、むしろ群盲象を撫でるようにみえてしまう。

                             最近、人工知能ロボットが身近な話題になっている。
                             だが、専門家の議論によれば、優れたロボットの頭脳と生(なま)の人間との差は歴然とする。
                             生物に限らず、地球、宇宙など・・・・どんな分野にも人間が遠く及ばぬ英知がある。
                             そんなものがどこから生まれてきたのかを想像する。全知全能の神の存在を信ずるなら簡単だが。

                             NHKは、人工知能ロボットに着目したうえ、そもそも自然界における私たちを含む生物が生きる理由は?というテーマを掲げる。
                             いやはや、人間とはなんたるや・・・。  


                                                                        

2018.2.15

トップページへ戻る