つぶやき・・・・189

   


「天候不順」で野菜の不作!

                                                                          
                             北陸の正月の「美食」といえば、“かぶら寿し”だ。
                             だが、“かぶ”不作のためメーカーは、年末の生産を停止せざるをえなかった。

                             大根、白菜、キャベツなども不作である。スーパーでは出来の悪いのがとんでもない価格で並べられている。
                             秋の低温、日照不足、長雨、台風が原因だ。
                             筆者の畑でも同様で、発育遅れのもの、台風でひん曲がったものを大切に利用している。
                             こんな気象は今季だけのものなのか、今後の対策はまだ挙げられてはいない。

                             ところで、このところ、色々な分野の科学技術、金融資本主義、食うか食われるかのセルフィッシュ、生活の格差などが加速度的に進んでいる。
                             こうした世の流れを総じて意識すると、一般の人々にとっては、行き詰った将来の壁として立ちはだかる。

                             これに比べりゃ、自然とのやりとりがうまくいかない畑作に悩みはあるが、今後に期待できる・・・・。  


                                                                        

2018.1.13

トップページへ戻る