つぶやき・・・・188

   


「ジャックと豆の木」のモデル、ムクナ豆

                                                                          
                             富山市の寒江小学校でムクナ豆を栽培、収穫したとのこと。校舎3階まで丈が伸び、夏の日差しを和らげたという。
                             さらに、このお化け豆にはドーパミンの前駆体のドーパが含まれ、その効果が興味を誘う。

                             ムクナ豆は、パーキンソン病をはじめ神経系の病気に、また血糖値を下げるなどの効果があるとされている。
                             収量といえば、一株で8升の収穫があるとのことで食料危機にも間に合うかもしれない。ただし、あまり美味しくはないらしい。

                             栽培に当たっては、富山市内の農業高校の指導があり、収穫当日も高校生が手伝った。
                             小学生と高校生の間にほのぼのとした交流がうまれ、双方が貴重な経験をしたと想像する。

                             本ページは、興味深いこの豆を栽培してみようと、同小学校に種の分譲をお願いしたところ快諾だった。
                             200坪の畑が一層活きるかもしれない。

                             ムクナ豆の効用は多岐に亘るね! 拍手!         


                                                                        

2017.12.14

トップページへ戻る