つぶやき・・・・167


金があっても食糧を買えない !

                                                                  
                             年金受給者の井戸端会議。春は出費が多くてたまらんとの嘆きあり。なんたって年金収入だけでは足りないのだ。

                             国も莫大な借金をして少子高齢化社会の国民生活を支えている。
                             社会福祉や社会資本の整備に国民の負担を超える財政支出は重くなる一方だ。
                             いずれ我が国は債務超過に陥ると誰もが心配する。

                             さすれば、円安で輸出産業に有利というような情勢は吹っ飛び、貨幣価値は下がっていくに違いない。
                             その道の学者は、金があっても食糧を買えない時代が視野に入ると訴える。
                             国民は、飢餓、貧乏に耐える訓練が必要になるぞ! 農地・農業が大事にされることにもなる。
                             どん底に足が付けば国民の生活は落ち着き、日本はある意味で、いい国になろう。

                             ウルグァイのムヒカ元大統領。私は貧乏ではない、質素なだけだ、とおっしゃる。
                             そして、「経済成長がなければ、幸せになれない」という常識にひきずられることなく、日本国民は自分の足で立ち、考えなさいと教えてくれる。

                             国民の贅沢な生活が遠のく日が視野に入ってくる。・・・・・これ素人の非現実的な話として終わればいいが。                                               


2016.5.3

トップページへ戻る