つぶやき・・・・128


TPP参加後の農業は?

         
   TPPに参加し関税が撤廃されると、我が国の農業所得が2.9兆円から2.5兆円に落ち込み、農業生産額は3兆円減になると発表された。

    3兆円減とはどんな程度のものか?現在の生産額を伏せてあるので分かりにくい。
   しかも、「大学教員の会」に発表させるなど、国民への広報の仕方に不作為を感ずる。

    農水省統計によれば、平成23年度の生産額は5.5兆円である。
   つまり、関税の撤廃により生産額は半分以下の2.5兆円なる。これは農業の半壊を意味するのだろうか。

    "守るべきは守る”という。
   我が国の総生産額は500兆円。農業はその1%であり、所得補償などで守ることは難しいことではない。
   しかし、目前の損得を均す操作だけでは、失っていくものは大きいことだろう。

    この外圧を利用して、守られられすぎて進歩を忘れた日本の農業のありかたを見直そうという意見もある。


2013.7. 16

トップページへ戻る