つぶやき・・・・107


動物の扱い方で国が分かる

  原発事故後、半年経っても、警戒区域で1000頭の牛が放浪していた。見かねた日本獣医師会や同会関連団体は対策を急げと農水省等に要望した。

  当局は、人間のことが先であり動物のことまで手が回らないという。

  餓死ほど残酷な死に方はない。命の尊厳に人と動物に差はない。人間より先にとは言わないが後でよいということにはならない、と禅問答になった。


  マハトマ ガンジーは、「動物の扱い方をみれば、その国が道徳的に進歩しているか否か、あるいはその国の偉大さがわかる。」という。


2012. 3.16

トップページへ戻る